■ ソフトウェア ■                                 

・Adobe「PhotoShop」    言わずと知れたプロの標準ツールと化してるような有名なソフト
              ですが・・・かなり高いです!10万円近くはします。私みたいな
              貧乏絵描きには仕事以外では使えません。ですがプラグイン類も
              豊富に出ていて使いこなせば最強のツールだと思います。本気で
              CGやろう!って思う人には絶対に買って損のないツールです。 
              欠点としては少々重いので高性能パソコンでないと辛いかもね。


・「Painter」        これもかなり有名なソフトですよね。様々な画材のタッチ感覚が
              再現されていて、水彩画っぽいようなタッチの絵が描きたい場合
              などにはPhotoShopを超えるかもしれないね。 だけどこのソフト
              も5、6万円するので趣味でCGやるには高いですね。私はかなり昔
              古いバージョンをたしか一度だけ使った事があったと思いますが
              その良さを引き出す程には使いこなさなかったので評価し難いの
              ですが一般的に評判良いので良いのでしょう(^^;)Painterを使っ
              ているCG作家さんのサイトを回ってみるとどんなソフトか感覚的
              にわかるかと思います。 PhotoShopとはまた違う絵の質感で良い
              ですよ。                         

・Met’s「PhotoCrew2」   第二回目のCG講座でも使用した1の頃から愛用のソフトです。
              最新版は「PhotoCrew2 Plus」という名前になってるのかな(?) 
              このソフトは安いです!貧乏人にはありがたいです(笑)Vector等
              からDownLoad版が3,980円で出ています。上の2つのソフトと比較
              すると破格の安さですね。1はタブレットの持つ筆圧感知機能が
              使えずブラシ系ツールも自由度が低かったりしましたがそれでも
              趣味でCGやるには十分でしたが、2になってこのあたりも大幅に
              使い勝手が向上してさらにお奨めになりました。フル活用すれば
              PhotoShopを普通に使ってる人くらいの絵は描けると思います。 
              欠点はPhotoShop程の画像サイズの大きな絵は描けません。 最大
              サイズは5000×5000です。普通こんな大きな絵を描く事は少ない
              と思いますけどね。またPhotoShopの様にプラグインで機能拡張
              とかが出来ない弱さはありますがそれでも必要十分な機能です。

・「Paint Shop Pro」    PhotoShopと似た名前でまぎらわしいですね(^^;)これも使われて
              いる方が多いです。値段も15,000円くらいと手頃で良いかもしれ
              ません。私は全く使った事がないのでどうこう言えませんが使っ
              てみたいと思ってるソフトです。体験版もあるようなので選択肢
              の一つとして試用してみてはいかかでしょうか?       

・ULEAD「PhotoImpact」   すいません挫折しました(笑)使いこなしている方の絵を見ると良
              い物だとわかりますし、機能的にも良い感じにそろってるように
              思いますが、少し使い勝手が他のソフトと違う感じなので慣れが
              必要かもしれません。それを言うとPhotoCrew2も独特な操作感な
              ところがありますが(^^;;)価格はこちらも15,000くらいとお手頃
              です。画像形式を別の物に変更した場合等に、他のソフトよりも
              綺麗な感覚がします。使いこなせば結構すごいと思います。  

・「PhotoShop Elements」  PhotoShopの普及版みたいですが、PhotoShopを使ってる人がCGを
              始める人に推していたので良さそうですね。昔あった普及版での
              「PhotoShop LE」はレイヤーが使えない物があったりして、正直
              CGを描くのには使えない感じでしたが、これはレイヤも使えるよ
              うなので、お奨めかもしれません。複雑なフィルタ効果も簡単に
              使えるようになってるようですから、初心者にはPhotoShopより 
              便利かもしれません。                   

・「openCanvas」      これはスゴイです!CG始める人には最高のソフトなのかもしれ
              ません。何がどうスゴイのかと言えば、CGが描きあがるまでの
              操作を全て記録し、後から再生する機能があります。このソフト
              のサイトの投稿コーナーには多くのユーザーの作品が掲載されて
              います。もしその投稿作品を見ていて「上手いなぁーどうしたら
              あんなCGが描けるんだろうな」と思う事がありましたら、その
              CGが描きあがるまでの操作を記録したファイルをダウンロード
              して、操作の全てを見る事ができます。これはとてもCGの勉強
              に役立ちますね。だからこれから始める人にはオススメの一本だ
              と思います。価格も7,300円とお手頃です。          


※ソフト選びのポイント※                               
・「レイヤ機能の有無」・・・これが選ぶ上での最も大事な条件のように個人的には思います。
              レイヤというのはアニメのセル画みたいに複数枚レイヤを重ねる
              ことが出来、背景とキャラクタを別のレイヤに描いておいて合成
              したりできます。この機能があるか無いかで格段に描き易さが変
              わってきますので、何のソフトでも良いですがこの機能がある物
              が良いです。フリーソフトでもレイヤ使える物がありますよ(^^)



■ パソコン本体 ■                                 
 これは今さらパソコンを買い換えるのも無理な話なので、今使っているパソコンを使えば良い
 と思ます。最近のパソコンならばどれでも十分使える性能だと思いますが、ソフトを買う前に
 ソフトの推薦スペックを満たしているかだけは確認して下さい。おそらく500Mhzもあれば何か
 十分に動作可能なソフトがあると思います。                      
 
 今後買い直す予定のある人は・・・できるだけ高性能なのを!と言ってはダメですよね(^^;;)
 でも欲を出せばキリないですね。例えば第二回CG講座に使ったのはCeleron2Ghz、メモリ512MB
 PhotoCrew2であの程度の絵を描くなら快適です。がっ!同性能のパソコンでもソフトによって
 重く感じる物もある。PhotoShopは高機能な分だけ重く感じますね。            
 
 独断と偏見で言ってしまうと                             
  1.デスクトップが良い。(ノートは画面が小さくて見づらい)              
  2.メモリは256MBくらいでも大丈夫ですが512MBあると幸になれます(笑)         
  3.解像度が1280×1024のSXGAと呼ばれる表示が可能(画面が広い方が何かと便利)     
  4.モニターは17インチ以上のCRTが良いですが、液晶なら出来るだけ発色の良い物を。   

 だけど、お金をかけるならパソコンはそこそこの性能で良いから、タブレットとかを買ったり
 メモリ増加に使った方が良いですよ(^^)液晶はNANAOのL565とL567はオススメの製品ですね。 



■ あると便利な道具 ■                               
 1.タブレット    使い慣れると描くのがとても楽にもなりますから。筆圧感知機能などが
           あり、力の強さで線の太さを変えたり出来るので先が細くなるような線
           (髪とか)を描くのに便利です。私は病気でそんな細かな指先の力加減が
           出来ず筆圧感知機能はほとんど使った事がありませんが(苦笑)それでも
           便利に感じるので一番先に手に入れたい道具だと思います。オススメは
           使っている人が多い「WacomのIntuos i-600」            
 
 2.スキャナ     これもあると良いですね(^^)講座で使ったようにサランラップとか使わ
           ずに手書きの絵を早く簡単に取り込めますからね(笑)400dpiくらいでも
           十分なので1万円以下でたくさんあります。CGに使うならどれでもOK。
 
 3.CD-Rドライブ   大きな絵はファイルサイズもかなりのものになり、フロッピーでは保存
           できません。でもせっかく描いた絵がハードディスクの故障で消えてし
           まうと悲しいので保存できる物が欲しいです。 MOでもDVD-Rでも何でも
           OKですが、CD-Rが一番手軽かなぁーと思っただけです。       
 
 4.トレス台     トレス台ってわかります?下書きの上に紙を重ねて映す時に使うガラス
           板の下から光を当てて透かすための物です。えぇーと持ってません(笑)
           仕方がないのでガラス板を消しゴムで浮かせて100円均一のペンライト 
           で下から照らしてます(^^;;)そういう代替策もあるし、意外と高いので
           余裕があれば欲しいかもってレベルです。オススメは表面がアクリル板
           ではなくガラスの物が丈夫で良さそうです。            
 
 5.プリンター    これは・・・どっちでも良いですね(^^;;)描いた絵を印刷し額に入れて
           飾ったりできるし、自分が描いたイラスト入りの年賀状を作れば多くの
           人に見てもらえるという良さもあります。買うならEPSONやCANONという
           有名なところの物の方がどこでもインクが手に入るので良いですね。 
 
 6.雲型定規     これは紙に手書きしたのをスキャナで取り込んでCGを描く人にはあった
           方が便利な道具です。「雲型定規」で検索すれば画像あるページもある
           と思うので見てみるのが一番早いのですが、簡単に言えば色々な曲線で
           構成された定規です。曲線を引く場合には便利で結構使ってます。  



■ "超"私的なこだわりグッズ(笑) ■                         

・シャープペンシル  下書きに使うのはPentel「Pixy」です。天使のグリップですよ!(笑) 
           もしくはPentel「ピアニッシモ」フロントノックのシャープペン。  
           清書はPentel「GRAPHGEAR 0.3」0.3mm芯なので細い線も綺麗に描ける♪

・変え芯       Pentel「ハイポリマー120超強度芯」またはPentel「ハイポリマー100」

・消しゴム      Pentel「Hi-POLYMER」消しやすい堅さです。            

というわけで・・・全てPentelです(笑)Pentelの社員でも回し者でもありませんし、Pentek好き
だったわけでもなく気が付けばそうなってただけです。理由としてタブレットの所でも書きまし
たが病気で筆圧が安定せず、すごい力が入ってしまう時があり芯を折ったり、シャープペンシル
のペン先ごと折れてしまったりするのですがPentelの芯は半端じゃなく丈夫です。少々の事では
折れませんので芯はPentelを使うようになりました。シャープペンシルも今までに買った中で持
ちやすかった物を考えた時に残ったのはやっぱりPentel製品でした。そして消しゴムは堅い感じ
で細かい部分を消すときにフニャフニャせずに使いやすくて愛用しています。CGとは関係ありま
せんが、使いやすい文房具出してるメーカーだと思いますので一度使ってみてはいかかですか?