(↑Windows付属のペイントとマウスで描いた絵です)
第1回目は、このアニメ絵の描き方です。

■ 今回のお題 ■                                  
さて、始まりましたCG講座。SnowLightの記念すべき講座シリーズ第一号です!(拍手) しかし
これが大コケすると、他の講座にも影響を及ぼしかねないので少し不安ですが・・・とりあえず
これから一緒にCG楽しく頑張って描いてみましょう(^^)まず、第一回目は手軽にCGを楽しん
でもらえるように 「Windows付属のペイントだけでも、このくらいは描けるよ!」って事で始め
たいと思います。Windows利用者の方がほとんどだと思いますので、Windowsならどのバージョン
にも付いているこのソフトを使って描いてみましょう!(^^)                



■ 1.描きたい絵を決める ■                             
まずは、これです!「そんなの当たり前だよ」と怒られそうね(^^;;)でも、描きたいと思う絵で
なければ「最後まで描くぞ!」という気持ちがもてませんからね。と他人には言いながらも今回
このキャラクタを選んだ理由は声優の田中理恵さんが北海道の方(札幌)だからってだけです(笑)

[Point] 描く絵を選ぶポイントは                            
   1.線や色がなるべく少ない絵が描くのに楽です。 (アニメ絵がちょうど良い)     
   2.雑誌等の紙に描かれた絵の方が真似るが簡単。 (ビデオ等を見て描くのは大変です) 

 Windowsのおまけみたいなソフトですから機能も少なく、風景画とか難しい絵を描くには適して
ないと思います。この絵でも線が多いと感じます。ビデオを一時停止させて描くのは大変です。
とか言いつつも、この絵はテレビ放送のワンシーンから描きましたけどね(^^;;)       




■ 2.線を描いていこう♪ ■       
描く絵は決まりましたか?それでは、スタート
から「アクセサリ」→「ペイント」を起動して
下さい。そしてキャラクタの線の部分を描いて
下さい…って多くの人には無理ですよね(^^;;)
できたら尊敬します。私も出来ませんから(笑)

それでは、簡単に線が描ける方法を教えます。
用意するのは”サランラップ”です!ラップに
縦横に等間隔の線を定規を使って描きます。 
             (こんな感じに)→



このラップを、ペタっと描きたい絵にかぶせます。ビデオならテレビ画面に貼 
ります。同様に、ペイントにも等間隔で縦横に線を描いていき、ラップを見な 
がら「2マス目の真ん中を通って、左隣のマスの底辺真ん中を通り…」という 
感じに、ラップとペイント上の同じ所を通るようにブラシツールで線を描き写 
していきます。こうすれば元絵と同じ絵の線が簡単に描けます。ペイント上の 
縦横に引いた線の幅を倍にすれば元絵の2倍のサイズの絵に、逆に間隔を半分 
にすれば2分の1のサイズの絵を描く事が出来ます(^^)描きたい絵の大きさに 
あわせて線幅とキャンパスサイズを自由に変更して下さい。キャンパスサイズ 
の変更は「変形」→「キャンパスの色とサイズ」で変更できます♪      
[Point]                                 
 縦横の線は右絵の赤丸で囲んだツールを使い、線幅は赤四角で囲った少し  
 太め(またはそれ以上の線幅)で描きます。キャラクタの線は青丸で囲った  
 ツールを使い、青四角で囲ったペン先(またはそれ以上の太さ)を選んで、  
 描いていきます。どちらも"これから描く絵の中で使いそうに無い色"で、  
 描きます。これは後で、線に着色する場合に便利だからです。       
 

(左が元絵、右がラップを使いペイントに写した絵です。)
この方法は中学の美術の時間に”あまりに絵が下手な”私に清水先生が教えてくれた方法です。
ソックリそのまま描くのが良い絵ってわけじゃないので学校で描く風景画には使うべきじゃない
方法ですが、絵が苦手な人がアニメ絵を写すには良い方法ですよね(^^)           



■ 3.線を整えていこう ■                              
どうですか?上の画像のような感じで綺麗に線を写せましたか?上の画像はわかりやすく背景を
緑で塗ってありますが、背景色は白のままでOKですよ(^^)目はどうせ黒のまま着色しないから、
最初から黒で描いちゃいました。しかし「そんな綺麗に線を引けないよ!ガタガタになるよ!」
と思いの人が多いでしょうね。実は私もこの絵を一発でここまで綺麗に描けてませんから(^^;;)
という事で、ここでは綺麗な曲線の引き方について書く事にしますね(^^)          



まず、左上の画像を見て下さい。見事なまでにガタガタな線ですよねぇ〜。綺麗なカーブを描く
曲線を描くつもりが、どうしてもこんな線しか描けない場合は、全体を太めの線で描きます。
すると真ん中の画像のような感じになります。次に描画色を選びます。描画色の変更は下にある
パレットから選ぶだけです(^^)と〜っても簡単♪まず、線の色(この場合は黒)をマウスを左クリ
ックして選びます。次に背景の色(この場合は白)を右クリックで選びます。するとパレット左端
の部分(@の部分)の色が変わると思います。左上に表示されるのが描画色、右下に表示されるの
が背景色です。どうですか?希望の色に変わりましたか?こうするとブラシツールで左クリック
をしながら線を引くと描画色で線が描け、右クリックしながら線を引くと背景色で線が描けるよ
うになります。                                    

それでは線の角張った所を右クリックでなぞって下さい。すると背景色で上塗りされますので、
なぞった部分が消えたと思います。こうやって角張ってるところを全て削るような雰囲気で消し
ていきます。もし間違えて消してしまった場合は「編集」→「元に戻す」で、一つ前の作業状態
に戻す事が出来ますので恐れずガンガンやってしまいましょう(^^)もし「細くしすぎたかな?」
と思ったら左クリックでなぞって描画色で塗ってみたりして下さい。このような作業を繰り返す
と右上の画像のように綺麗なカーブを描く曲線になります(^^)               

[Point]                                        
 1.太く描いて削る方法は、他のソフトでも使える有名な方法ですから覚えて損はないです。 
 2.このペイントの「元に戻す」は最大で3工程前までしか戻せません。          

さて、綺麗な曲線で描けるようになったでしょうか?慣れるまで練習が必要かもしれませんね。
なんか面倒だなぁ〜と思う人もいる事でしょう(^^;;)そういう方は「タブレット」という道具を
使う事をオススメします。タブレットなら普通にペンで描くのと同じような感覚で描けると思い
ますのでオススメ度ナンバーワンのCGの道具です(^^)                  



■ 4.縦横に引いた線を消そう ■                           
さて、線も写し終わりましたので、もう最初に引いた縦横の線は必要ないのでで消しましょう!
手順2の Pointで「これから描く絵の中で使いそうに無い色で描きましょう」と言っていた意味
がここでわかります。                                 


1.赤丸で囲った「塗りつぶしツール」を
 選択します。このツールを使い背景色
 で線を塗っていきます。一瞬で縦横の
 線が消えて、右の画像のような感じに
 なってのではないでしょうか(^^)  

 このツールは、繋がっている同じ色の
 部分を全て塗りつぶすツールですので
 もしも、縦横の線と、絵の線を同じ色
 で描いていた場合、必要な線まで消え
 てしまいますので、「使いそうにない色で描きましょう」と言っていたわけです(^^)    



■ 5.希望の色を作りましょう♪ ■                          

線の作業はここまで!これからは色塗りです。
やっと楽しい作業ですね♪(^^)まず、パレット
を見て下さい!…色が少ないと思いませんか?
ここに無い色を選択してみたいと思います。 

まず、パレットから必要なさそうな色を探して
その色をWクリックします。すると[色の編集]
というウインドウが表示されますので、そこで
[色の作成]をクリックすると、右のウインドウ
が表示されます。ここで色を作成します。                        

まず、@の部分を適当にマウスで選択して、作りたい色に近い色質を選びます。続いてAのバー
を動かして、明るさを変更します。Bを見ながら希望の色が出来上がるまで、いじってみます。
良い色が出来たら「OK」をクリックします。すると先程選択したパレットの色が今作成した色に
変わります。こうやって色を作っていきましょう♪                    



■ 6.色を塗っていきましょう♪ ■                          

塗り方は簡単です。塗りつぶしツールを使って
ドバァ〜っと塗るだけです(^^)しかし、ここで
もし意図しない場所まで塗られてしまった場合
は、線で囲みきれていない場所だと思います。

右の画像を見て下さい。上の2つの円の中を塗
りつぶした場合の結果が、下の2つの結果にな
ります。塗りつぶしツールは「繋がっている同
じ色の部分を塗りつぶすツール」なので、右の
円のように一箇所でも開いている場所があれば、そこから漏れて関係ない部分も塗ってしまう事
になります。関係ない部分が塗られてしまった場合はこんな箇所が無いか、確認しましょう♪ 


もし、ミスによる線の途切れではなく、意図的にそうしている
場所の場合は、色が漏れないように一時的に関係ない色で線を
引き、後からその線を消すという方法を使います。     

たとえば、右の左端の様な絵の場合です。線で囲まれていない
けども四角の中だけ色が塗りたいとしましょう。こんな時は、
2つめの絵のように、色を塗りたくない場所との境目に、関係ない色で一時的に線を引きます。
それから塗りつぶしをおこなうと、3つ目の絵のように綺麗に塗りつぶせます。そして最後に、
その関係ない線を背景色で塗りつぶしてしまえば、右端の絵のような感じになります(^^)   



■ 7.線にも色をつけてみましょう♪ ■                        

アニメ絵の場合、線は全て黒一色という場合が
多いと思いますし、手順6までで普通は完成!
なのですが、線にも色を付ける必要がある場合
があるかと思います。           

まず、右の画像の上の方を見て下さい。2種類
の太さの線がありますね。この線を塗りつぶし
ツールで塗ると下の絵の様な感じになります。
太い線は綺麗に塗れたのに、細い線の場合は、
一部分しか塗れませんでした。これは手順6の時と同じで、同じ色の部分が繋がっていないから
こうなってしまうのです。そのため線を描く時は着色する可能性も考えて少し太めの線で描いて
いた方が都合が良いです(^^) そのため手順2のPointで太めの線を選ぶようにと言ってました。


[Point] 一部の線だけ着色したい時は?          
 たとえば、右の画像の一番左の線のような場合、左下へ向かう
 線だけ塗りたいと思っていても、そのまま塗りつぶすと2つ目
 のように線全てが着色されてしまいます。こういう場合は鉛筆
 ツール等で、3つめの様に線をあらかじめ区切っておきます。
 それから塗りつぶせば、色が漏れる事なく希望の箇所だけ着色できま〜〜〜す(^^)     



■ 8.完成でーす! ■                                

これが完成した絵です。大きさもこのサイズで描いていました(^^)ちなみに元になったシーンの
画像は右下のような感じです。なんとなぁ〜く、同じような感じの絵になっていますよねぇ!?
「全然違う!」と言われると、頑張らないといけないなって思います(^^;;)         


 とにかく、Windowsのおまけみたいなこんな 
機能の少ないソフトでも、描こうと思えばこの
くらいの絵なら描けるので、CGやってみたい
なぁ〜と思う人は一度試してみてはいかかです
か?そして慣れて「もっとスゴイの描きたい」
と思った時に、市販のソフトに道具を変えても
きっと今回覚えた技術は役に立つと思います。

なぜなら、どんなソフトだって、このペイント
よりは機能豊富だからです(^^;;)きっと、今回
使ったような機能は全て使える事でしょう! 



■ 番外編:同じ方法を使わない方が良い事 ■                     

この2枚の画像を見比べて下さい。一目瞭然で右の方が線が汚いですよね。これは手順8で完成
として表示したCGを、左は「PhotoCrew2」というソフトで、絵の大きさを半分のサイズに縮小
したもの、右はこのペイントで縮小したものです。左の方は8の状態に比べて細かい線の粗さが
目立たなくなり、縮小前よりむしろ綺麗に見えるかもしれません。しかし右はさらにガタついた
線に見えて8の状態より汚くなってるかと思います。                   

第二回講座でも説明しますが、通常のペイントソフトは本来描きたい大きさの倍のサイズで描い
て、最後に縮小すると粗さが消えて綺麗になるため、倍のサイズで描いて縮小する方が良いと思
います。しかし同じ方法をこのペイントですると逆に汚くなりますので、ペイントを使う時だけ
は例外として、最初から希望のサイズで描くようにしましょう(^^;;)            



■ あとがき ■                                   
第一回CG講座をお読み頂き誠にありがとうございます(感謝)今回の講座のために数年ぶりに、
ペイントで絵を描きましたので昔より下手になっています(苦笑)このペイントでも使いこなせば
もっと上手く描けると思います。私もこの絵では使う必要のなかったテクニックがいくつかあり
ますからね。ただ…本気でCGやろうと思うならこのソフトを極めるよりも、低価格の物もたく
さんありますので何か市販のソフトを買った方が良いと思います。たとえば、市販のソフトには
普通グラデーション機能が付いていますがこれにはありません。エアブラシはペイントにもあり
ますが、はっきり言ってエアブラシっぽくは使えません(^^;;)砂浜を描くのが精一杯でしょう。
だから、今回の絵も元絵にある背景がグラデーションっぽい感じだったので描きませんでした。
また、ペイントで線を描くと上手く描いてもギザギザになってしまいますが、普通のソフトだと
アンチエイリアス処理がかかるので自然な線を描く事ができます。これも大きな違いだと思いま
す。第二回目のCG講座は「PhotoCrew2」というソフトを使う予定です。これも、低価格なので
オススメのソフトの一つです。CGに限らず「パソコンは難しい物」というイメージがあります
が、そんな事は無いと思います。普通に絵の具で上手い絵が描けるようになるまで練習するより
も、CGの方がずっと早く楽に自分好みの絵を描く事ができるようになると思います。この講座
を見て、「CGも意外と簡単なんだなぁ〜ちょっと試しに描いてみようかな」と思って頂けたら
良いなって思います。それでは第二回目のCG講座でお会いしましょう♪(^^)        
                             第一回目CG講座 -END-  
                                    2003.09.19